皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年111日に、この店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2009年2月
2
3
5
8
9
10
12
13
15
16
21
22
23
26
28
 
 

 

2月になりました
2月1日(日)
今日から2月に入りました。1月は慌しく過ぎてしまい、あまり記憶にありません。2月は花祭りの月で、2月の第1、金、土、日の3日間がチェンマイの花祭りです。現在ステージを作ったり、街中花を植えていて綺麗です。タイは観光客が減って心配していましたが、花祭りが近づくに連れ、序々に増えているように思います。現在、どこも不景気(タイも)でお金を掛けられないのですが、タイでは祭りに関しては結構太っ腹のようです。日本でこの祭りに使う花を集めるのに一体いくら掛かるのか、かなりの金額になると思います。
平均は
2月4日(水)
掲示板の方にタイ人の平均月収は?とい問い合わせがありましたので、その事について書かせて頂きます。タイで平均を出すのが大変難しいのです。貧富の差が大きいのが原因で、中間層と言われる方が少ない。全部を足して割ったのが平均だとすると、その平均月収を貰っている人は少ないのではないでしょうか。バンコクの街中に住んでいる人と田舎に住んでいる人では全く違っていて、これが同じタイ人なのか?と思う事もあります。話す内容も着ている服も食べるものも、顔立ちも違う。その日に食べるのにも困っている人もいるかと思えば、高級レストランで食事をしている人もいる。良い人もいるし、悪い人も沢山いる。何かにつけ差が凄い。どれもタイの姿で、全て受け入れなくてはいけないと自分なりに思ってはいるのですが、頭の中がゴチャゴチャになりそうです。所得の少ない人でも楽しそうなのがタイです。いや、お金が無い人の方が悩みが少なく楽しく生きられるのかも知れません。
忙しい
2月6日(金)
今日からチェンマイは花祭りのせいか、お客さんが大変多かったです。どうも有難うございます。そしてマッサージを受けられなかった方、すみませんでした。やはり超円高のせいなのか、日本人が圧倒的に多いです。ヨーロッパの方が一人とタイ人一人で、あとは全て日本人でした。こんな超円高なので旅行にいかないともったいないですね、抑えるところは抑えて、使う時は使う、その方が楽しいです。タイ人は楽しむ事は知っていますが、抑える事をしらないです。だからこんなに楽しそうなのでしょう。明日は花祭りのメインイベントのパレードがあります。私も写真撮りに行こうと思っています。
花祭り
2月7日(土)

今日は花祭りのパレードがありました。毎年見ていますが、やはり綺麗です。今回は朝からお客さんが来られたので、あまり写真は撮れなかったですが、一眼デジカメを持って店の近くで写真を撮りました。日本人の観光客も結構来られていました。残念だったのは、ミスチェンマイが見れなかったのが心残り。誰か見られた方はいますか?

 

タイ人の悪いところ
2月11日(水)
チェンマイは祭りも終わってちょっと静かになった感じですが、お客さんは多いです。最近忙しくてなかなか日記も書けません。いろいろ問題があった従業員のDiaは辞めてしまいました。辞める前は「交通事故に遭って怪我した」とか、この前電話したら、「また学校へ行って勉強したいから」とか本当に嘘ばかり吐くので何も信じられない。他の場所でも働けるようにしてあげたかったのですが・・・。タイ人を見ていると自分を守る為に平気で嘘を言う人が多いです。遅刻したら「渋滞だった」、「バイクがパンクした」、離婚したら「相手が悪い」等々。とにかく悪いのは自分ではなく相手なのです。自分の運転が悪くてぶつけてしまっても、「何で避けてくれなかったのか」なんて言いそうです。
花祭りの山車
2月14日(土)

ちょっとこのところ店が忙しくて日記も疎かになっていました。もう終わってしまいましたが、チェンマイの花祭りの事を少し。この祭りに出ている山車には生花をくっ付けていて、それはそれは綺麗なのです。良く見てみると、本当に細工が細かい。小さな花を一つづつくっ付けています。デザインもちゃんと考えています。花が枯れたら全く値打ちがないので前日の夜中に作るのだと思うのですが、大変な作業です。正に時間との戦いなのです。当然徹夜でしょう。山車に乗っている美人に気を取られがち(私です)ですが、山車の方にも目を向けてあげて下さい。時間があればこの山車を作っているところを見学したいです。

今年も
2月17日(火)
今年も自宅庭に植えているマンゴーの花が咲きました。注意してみているとマンゴーの木を植えている家がタイには多いです。実が付きやすく木も小さなうちから実が生ります。手も掛からずほおっておいても大丈夫です。それでいて実も沢山生って良いおやつになります。4月頃、収穫できます。毎年日記に書いているような気がしますが、それだけ嬉しいです。
ペッヤーン
2月18日(水)
ペッヤーン(ローストダック)です。アヒルの肉なのですが、大変美味しいです。東南アジア(中国も)ではよく食べられているアヒルですが、日本ではあまり食べません。どうしてなのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。このペッヤーンはタイスキで有名なMKスキーが美味しいのですが、他の店で美味しいところを見付けました。今度、お勧めレストランのコーナーに載せたいと思っています。
通して
2月19日(木)
昨夜、仕事が終わって帰宅、家のすぐ近くまで来た時車2台が道をふさいでいた。クラクションを鳴らして持ち主を呼んだところ、若い女の人が出てきて、「今、運転できる人がいない」と言う。持ち主は一体どこへ行ったのか?何で通れないのに車を停めるのか?全くどういう神経をしているのか理解できません。自己中もここまで来ると立派です。ここの住人は少数民族の人で、周りからも嫌われています。この女が「向こうから周ってきたらいいじゃない」と言われた事に私はちょとカチンときました。この日は気分が悪かったです。
タイらしい扇風機
2月20日(金)
ピン川に架かるナワラット橋に大型の扇風機が設置されました。水を霧状にして扇風機の風で飛ばすので大変涼しいです。チェンマイも昼間はちょっと暑くなってきたので、歩いて火照った体には丁度良い。またこの扇風機のデザインがタイらしくて好きです。まるでひまわりのよう、扇風機までデザインされています。花も周りに飾られていて気分が良いです。タイのこういうところが私は好きです。
水疱瘡
2月24日(火)
どうも忙しく、日記も間が開いてしまっています。最近のチェンマイはちょと暑くなってきました。しかし朝は結構涼しく過ごし易いです。私の嫁さんが水疱瘡(みずぼうそう)になってしまい寝込んでいます。自分は確か子供の時になった記憶があったのですが、ちょっと心配なので日本にいる母に尋ねたところ、「いや〜覚えていない」と何とも無責任な返事。もし水疱瘡になっていなかったら、感染するかもしれないのでちょっと心配。でもほとんどの人は子供の時になるものなのではないのでしょうか。何で嫁さんは今頃水疱瘡になるのでしょう。タイでも水疱瘡があるというのが、ちょっと勉強になりました。
チェンマイのレストラン
2月25日(水)
チェンマイのレストランは敷地が広く、緑が多いのでとても癒されて気分も良く美味しさは二割り増しです。私はこの雰囲気が大好きです。値段もそれほど高くもなく、味は最高!日本でこれだけのレストランを造れば、かなり高くしないと利益は出ないはずです。オープンレストランもチェンマイには多いです。屋根が無いだけでこんなに気分がよくなるものなのか、大変開放的です。安い値段で美味しく気分も良く癒されるチェンマイのレストラン。チェンマイへ来られた方はぜひ、食べに行って下さい。
伝統衣装
2月27日(金)

北部伝統衣装を着ているタイ人女性が綺麗で好きです。タイ人に似合っています。日本人やファラン(白人さん)が着ても似合いません。ベトナムのアオザイもベトナム人しか着こなせません。日本の着物を外国人が着ても何か変ですから、やはりそこの国の人が一番似合うようになっているのかも知れません。タイの日本食レストランでタイ人スタッフが着物を着ているのを見て違和感があるのは私だけでしょうか?

 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1