皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年111日に、この店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2009年7月
2
4
6
8
10
11
13
15
17
19
20
24
26
27
29
31

目から鱗
7月1日(水)
昨日から一階を手伝ってくれる新しいスタッフが来てくれています。このスタッフが一生懸命掃除をしてくれていたのですが、トイレのドアをロックしたまま閉めてしまいました。鍵は無い、というか大家さんからは入り口の鍵しかもらっていません。取り合えず鍵屋さんに来てもらい開けてもらいました。凄い道具を持ってくるのかと思ったら何と「ペットボトルは無いか?」と言うのでペットボトルを渡すと、ハサミで切って板状にしてそれをドアの隙間に入れゴソゴソやると開いてしまいました。目から鱗が落ちました。こんなんで良いのか、これなら泥棒も入り放題ではないのか? 次からドアをロックしてもこの技が使えるので良い事にしょう。 深くを考えない、これがタイで暮らすには必要なようです。
不思議 2
7月3日(金)
タイで不思議な事、現在タイは雨季で雨が降ります。すると水溜りができます。今まで何もなかった所に水が溜まり、2日も経つとそこには何やら生物が誕生します。小さな魚だったり、おたまじゃくしだったり。一体これらの生物はどこから来たのでしょうか? 雨も降らない日が続くと当然水溜りは無くなりますが、これらの生物はどうなるのでしょうか? 跡形もないのです。不思議な事がまだまだあるタイです。
海外旅行のすすめ
7月5日(日)
海外は借金してでも行くべきだと思っています。外国を知らないと井の中の蛙になってしまいます。また日本を知るうえでも外国に行く事をお勧めします。悪いところ、良いところ色々見て感じて経験値を上げていきましょう。色んな場所で順応していく心の鍛錬、体力を養えます。外国にいると日本の良いところ、悪いところが見えてきます。日本にいると何でも当たり前になってきていますが、日本って凄かったんだな〜と思う事も多々あります。また日本もこうだったら良いのにと思う事も見えてきます。自分の殻を破って一周り大きく成長しましょう。私自身、外国旅行をしてから楽しさも得たし、精神的に強くなれたと感じています。外国人と話してもドキドキしなくなりました。「これがダメならこっちならどうだ」というように引き出しが増えたように思います。
タイのカップ焼きそば
7月7日(火)

タイで売られているカップ焼きそばです。日本のものと比べて・・・ 日本の方が美味しいです。量も日本の方が多いのですが、何と言っても価格が安い! このタイ製は価格は40円くらいです。タイ製と言っても日本のメーカーではあるのです。安くしなければならないので、量も少なめにしないといけないのでしょう。いやタイのメーカーに合わせているのかも知れません。久し振りに日本のカップ焼きそばを食べてみると「何でこんなに美味しいの」と思います。日本製はドンドン進化しているのか、自分が味を忘れただけなのか分かりませんが、やはり日本製は美味しいです。

今が最適
7月9日(木)

チェンマイではめずらしく降り続いていた雨も上がり、今日は晴れ渡っています。ドーイステープもよく見えています。また円高になってきました。今日の円→タイバーツのレートは、1万円→3..5.91バーツです。1バーツ=2.78円。 現在航空券も安いし、チェンマイのホテルも割引しているし、それほど暑くないしでチェンマイへ旅行するには最適です。どうぞこの時期にチェンマイへ。

サービスが良いタイの病院
7月12日(日)
嫁さんが体調を崩してチェンマイラム病院に一日入院してきました。その総費用が7,200バーツ、これはちょっと高い。しかし個室だったし、眺望は最高!液晶TVも冷蔵庫もありで至れり尽くせり。ホテル並です。私もちょっと泊まりたいと思いました。嫁さんもパカンサンコン(社会保険)に入っているので指定の病院なら無料で診察してもらえるのですが、指定の病院は専門の医師がいなかったのでこの病院で診てもらいました。働いているところからいくらか出してもらえるそうです。驚いたのが何とこの病院にはメンバーカードみたいなのがあってそれに加入すると薬代や入院費(診察料は除く)が10%割引きになります。期間は一年で100バーツです。タイの私立病院はサービスが良いので、病院嫌いの私でも行きたくなります。
ゲーンソム・カイチャオム
7月14日(火)
最近好きになったタイ料理をご紹介します。「ゲーンソム・カイチャオム」です。ゲーンソムは酸っぱ辛いスープ(タイに多い)で、カイチャオムはタイの野菜(ハーブ?)を卵に絡めて油で揚げています。これは匂いと癖があります。ゲーンソムの酸っぱさはタマリンドが入っているのです。これが深みのある酸っぱさを出していて美味しいのです。紹介していてなんですが、これは好き嫌いが分かれると思います。このゲーンソムのスープに雷魚が入ったものもあるのですが、これもまた美味しいです。
ラムヤイ
7月16日(木)
最近、タイ人の知り合いからラムヤイ(竜眼)を頂く事が多いです。今日も店のお隣さんからラムヤイを頂きました。お隣さんが「家にラムヤイ植えている?」と聞いてきたので、私の家には植えていませんよと答えたところ、「家で生ったものだけど良かったらどうぞ」と沢山のラムヤイを頂きました。チェンマイのどこの家にもラムヤイを植えているのだろうか? 最初に植えているか聞いてくる人が多いのです。このラムヤイ、今が旬なのでかなり出回っていて安く買えて美味しいです。そいえば私の大好物のリンチーは旬が過ぎたのか見掛けなくなってしまいました。また来年まで待たないと・・・
お忘れですよ
7月18日(土)
日本は今日から三連休、サーラーチェンマイも久し振りに忙しかったです。それなのに一階を手伝ってくれている新しいスタッフは風邪で休んでいます。こんな大事な時にいない。私もタイ人のように気軽に生きたいです。ファランのご夫婦がマッサージを受けられたのですが、終わってから支払いを終え帰られました。少ししてから奥さんの方の靴が残っているのに気が付きました。と言う事は靴を履かずに出て行かれた。慌てて後を追ったのですがもういません。それにしても気が付かないものでしょうか? 妙に足が痛いなとか思わないのでしょうか? もう30分以上経っていますが未だに取りに来ません。困ったな〜。
今回は美味しかった
7月21日(火)

美味しいと評判の魚プラーブーをまた食べてきました。前回食べた時2008年5月22日 はただ焼いただけでそれ程美味しいとは思わなかったのですが、今回はレソトランでちゃんと料理したものを食べました。醤油蒸しを食べたのですが、これは美味しかったです。まさに最高でした。淡白なので蒸したり、煮たりした方が味が絡んで美味しくなります。またこれに写真では分かり難いですがセンヤイ(幅広麺)が入っていたのですが、これにこのスープが染みて美味しかったです。これは料理人のセンスですね。この料理はどこのレストランでもあるものではありません。このレストランも、このプラブーという魚が入った時にだけ食べられます。値段は魚の重さで決まります。この時はちょっと小さめで200バーツ(570円)くらいでした。

ドラゴンフルーツ
7月22日(水)
ゲーオマンゴーン(ドラゴンフルーツ)を植えているところを見ました。この実は面白い事に何と葉から実ができます。その葉も面白い形をしています。南国の果物は見ていて面白いです。このゲーオマンゴーンはあっさり味で甘みはそれ程ありませんが、食べやすくなかなか美味しいです。実は白色とおどろおどろしい赤紫色があり、どちらかというと赤紫色の方がちょっと甘みが多く美味しいです。昔は結構高価だったのですが、農家の人がこれは儲かるぞと思ったのか沢山植えて過剰になり値崩れを起こしてしまい安くなりました。私の好きなリンチー(ライチ)もそうですが、タイ人はあまり考えていないようです。そのお陰で安く買えるのは良いのですが・・・
日食
7月23日(木)
7月22日に皆既日食がありました。タイでも部分日食があったのですが、それを知らずに昨日の朝、やけに暗いな、曇っているからかと思っていました。どっちにしろ曇ってよく見えませんでした。日食といえば以前15年くらい前かな、バンコクで見た事があります。この時もよく知らなかったのですが、タイ人から聞きました。この日は晴天で日食がよく見えました。太陽が隠れると夜のように暗くなり、太陽が出ると昼間に戻ります。その間はあっという間です。また鳥がビックリしたのか一斉に飛び立ったのには更に驚いたのを覚えています。ちょっとただ事ではないような雰囲気でした。こういうのは一回は見ておくべきだと思います。この時は写真を撮ったのでもしあればUPしたいと思います。
辛い(つらい)
7月25日(土)
実は、私ちょっと辛い事があります。チェンマイにロングステイされている人でタイ料理が嫌いな方がいらっしゃって日本料理ばかり食べられているのですが、その方が「タイ料理どうも好きになれない」「匂いが・・・味が・・・ご飯が・・・」とおっしゃられます。私はタイ料理大好きなので嫌々聞いているのですが、こちらは言いたい事も言えず「そうですか」「それは大変ですね」「タイ料理でも日本料理に似たものもありますよ」とは言っているのですが、自分の好きなものをけなされているようで辛いです。こういう方はやはりご年配の方が多いようです。長年慣れ親しんできたものは、そうそう変えられないのでしょうか?私はできるだけその土地のものを食べるようにしていますし、それが旅の楽しみでもあるのです。せっかく料理が美味しい国に住んでいるのにもったいないと思うのですが、いかがでしょう。
大好きな魚
7月28日(火)
昨日、私の大好きな魚「プラータプティム」の醤油蒸しを食べてきました。7/21の日記に書いたプラブーの醤油蒸しは小さくて200バーツもしたのに、このプラータプティムは大きさが3倍くらいあるのに160バーツ(もちろん店によって値段は違います)でした。この醤油蒸し私の大のお気に入りで美味しいです。あとライム蒸しもあるのですが、これはスズキを使ったのが美味しいです。これは日本人の口(タイ料理が苦手な方)にも合う事間違いなしです。
会話
7月30日(木)
タイ人というのはどうも寂しがり屋さんが多いのか、近くに人がいると知らない人でも話したがるようです。私の嫁さんが職場へ行くのにソンテオ(乗り合いタクシー)を利用しているのですが、「いつも隣に座った人が話し掛けてくるので退屈しない」と言っています。そういえば私も知らないタイ人に話し掛けられる事がよくあります。また道を尋ねる人も多いです。日本だとバスや電車で横に座った人にはあまり話し掛けないですね。へんに話し掛けると嫌な顔されますが、タイ人はそれが無いです。道を尋ねてもその人が知らないと他の人に聞いてくれます。人間関係が希薄になっている日本人もこうなって欲しいものです。
 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1