皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年11/1日にこの店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2007年6月
...
.
.
.
.
2
3
5
7
9
10

13

14
15
17
20
23
24 28
29
30
高い物・安い物
6月1日(金)

タイで高い物
・自動車(日本の1,5〜2倍)
・電化製品(品質の悪い安物もあります)
・輸入品(ブランド品、洋酒、日本食材)
・家具(ぺらぺらの合板家具でも結構な値段)
・輸送料(外国へ送る場合、国内は激安)
・外国人価格(タイ人の10倍という事もあります。タイ語が上手だとタイ人価格)

タイで安い物
・人件費(手間の掛かる事も安いです)
・食事(美味しくて安い)
・家(庭付き一戸建てが現実に)
・バイク(4万バーツくらい〜、輸入車は高いです)
・ホテル代(他の国に比べても安い)
・交通費(燃料代が上がっているので、年々高くなっています)

すき焼き
6月4日(月)
日曜日にすき焼きを作ってみました。作り方をネットで調べて、材料を買って自宅で作りました。すき焼き用のタレを使ったし、材料を放り込むだけなので、料理と言っていいのか疑わしいですが、まあ普段作らない者からすればりっぱな料理です。味は久振りに食べたので(外で食べたからかも知れません)美味しかったです。この前、天ぷらを作ったし、今回はすき焼き、今度は何を作ろうか。最近料理にも興味が出てきました。
夜景
6月6日(水)
チェンマイの観光地のご紹介です。あまりにも有名な山の上のお寺、ドイステープです。昼間はチェンマイが一望でき、清々しい気分になれます。また意外と知られていないのですが、夜景も大変綺麗です。カップルで来られた方はぜひ見に行ってみて下さい。夜8時以降は通行禁止なになりますので、それまでに入って下さい。帰りは何時でも構いません。
ワットウーモン
6月8日(金)
またチェンマイの観光地のご紹介、観光地と言って良いのかどうか分かりませんが、見に行かれる観光客は多いです。ワットウーモンというお寺ですが、地下にお寺があります。ちょっと変わっていて面白いのでチェンマイに来られましたらどうぞ見に行って下さい。場所はちょっと分かり難いので、ソンテオかトゥクトゥクで連れて行ってもらって下さい。お堀の西側で車だと15分くらいです。
紙幣
6月11日(月)

国が違えばタブーとされている事も違うわけで...。ちょっと気になった事を。
お札の扱いなのですが、タイでは平気でお札にスタンプ押したり、字を書いたり、計算用紙に使っています。あとホッチキスでくっ付けたりしています。日本だとお金は大切に扱わなければいけないとされています。お金の価値には敏感なタイ人でも、お金そのものはただの紙っ切れにすぎないのです。日本人の私はちょっと複雑な気分です。

ラジオ出演1
6月12日(火)

今朝、ラジオ出演しました。去年の4月からですから、もう一年以上になります。今回のテーマは「タイの結婚式」です。私はタイ人の妻がいまして、5年前にタイのバンコクで結婚式を挙げたのですが、その事をお話させて頂きました。式はお寺で挙げています。お坊さんに良い日にちを教えて頂き、その日に式の予約をします。式代としてお寺に12,000バーツ支払いました。(食事代も全て込み) 朝6時半から式は始まったので、朝が大変でした。嫁さんは3時頃に起きて、美容院に行っていました。私も周りがバタバタしているので眠れなかったです。

式ですが、まずお坊さんに新郎・新婦でご飯をよそいます。お坊さんの説法のあと、二人の頭にヒモで繋がった輪っかを被してもらいます。これで二人が繋がった事になります。そして手を参列者から水で清めてもらい、あと白い糸を手首に巻いてもらいます。結納金を新郎が、新婦側へ渡すセレモニーがあるのですが、多く見せる為か小額紙幣を使いました。最後に参列者とご飯を食べ、写真を撮って終わります。初めての経験で、次に何をすればよいのか分からなかったですが、世話焼き人のような方が横で教えてくれました。式自体は2時間くらいだったのですが、慣れていないので緊張しました。

ラジオ出演2
6月13日(水)
昨日の続きです。披露宴はパーティー会場を借りて行いました。タイの場合も招待状を出すのですが、それ以上に来客があります。全く面識の無い方も多くいました。友達とか、近所の人とか、関係が無い人が多かったです。何人来るか分からないので、準備する方も大変です。披露宴に来られた方の服装もばらばらです。スーツの人もいるし、ドレスアップしている方もいるし、Tシャツの人もいました。披露宴自体は日本とほとんど同じで、キャンドルサービスもありました。ただ遅れてくる人が多く、だらだらと始まり、知らない間に終わってしまいました。専属の歌手が歌って、盛り上げてくれます。面白かったのが、お祝いの中身です。最高3,000バーツで、最低は20バーツ。何と150倍の開きがあります、大きいですね。この日は朝早くから、夜遅くまでだったので、大変疲れました。
好きなお寺
6月16日(土)

タイには沢山のお寺があります。特にチェンマイにはかなり多くお寺があります。お寺といえども、それぞれ形が違い、よく観ると個性があります。バンコクのお寺で一番好きなのが、ワットベンジャマポピットです。タイの5バーツ硬貨に描かれているので、見て下さい。さて、チェンマイで一番好きなお寺ですが、ターペー通りにあるワットブッパラムです。とてもスマートでタイらしく高床式になっています。小振りなのも気に入っています。そういう違いを探しながら、タイのお寺を散策するのも楽しいかも知れません。

                    ワットブッパラム

後悔の無い人生を
6月18日(月)
よく店に来て頂いていた方が急に来られなくなりました。人伝えに聞いたところ、お亡くなりになられたそうです。癌だったという事です。とてもチェンマイを気に入られ、サーラーチェンマイにも来て下さっていました。人生の最後をいつ迎えるか誰にも分かりません。自分が死んでしまう時、いい人生だったと思えるように後悔だけはしない人生を送りたいと思っています。私自身、好き勝手して、現在も好きな場所で好きな仕事をしています。これだけでも良かったと思っています。回り道してもそれが自分の人生に役立つなら良い事だと思います。
地震がありました
6月19日(火)
先ほどAM12:07にチェンマイで地震がありました。震度にして2くらい?少しだけ揺れました。震源地の発表はまだありません。最近チェンマイで地震が多いような気がします、規模は小さいですが。チェンマイは災害が少ない場所です。あるのは洪水、山焼きの煙害(これは人災)でしょうか、海が無いので津波は起きないし、黄砂も来ないです。ちょっと暑いの除けば住みやすいといえるのではないでしょうか。
パパイヤ成長日記
6月21日(木)

パパイヤの成長日記というものを作ってみました。よくこの日記に登場していた我が家のパパイヤが強い風で倒れてしまいました。そこで、また新たに種から育てて成長していくところをご紹介します。うまく育ってくれるといいのですが。

http://www.salachiangmai.com/papayadiary.htm

リンチー収穫
6月22日(金)

今週の日曜日に、何とあのリンチー(ライチ)の収穫を見に行く事になりました。タイ人の知り合いの両親がリンチー園を持っていて(私が好きな大きいサイズのチャカパット種)、現在収穫時期だというので見せてもらいます。しかしそのタイ人の知り合いは、日曜日仕事があるので一緒に行けません。地図を書いてもらいましたが、たどり着けるか心配です。場所はメーアイというチェンマイの最北端で、距離は180kmですが、山道なので時間が掛かりそうです。それに収穫は午前中なので早めに家を出なければなりません。もしそこでリンチーを買えるなら、沢山買って帰ろうと思っています。

リンチー園見学1
6月24日(日)
日曜日にメーアイにあるリンチー園に行ってきました。時間で3時間くらい、距離は165kmでした。メーアイまで行くと、お父さんが迎えに来てくれました。お父さんのバイクに付いて走る事5分でリンチー園着、広さが15ライ(24,000u)と、他の場所にも20ライ(32,000u)のリンチー・ラムヤイ園があるそうです。収穫、選り分けで大変忙しい中、リンチー園を案内してくれました。初めて見るので全てが興味深く楽しかったです。お父さんは「生っているものを好きなだけ食べなさい」と言ってくれたのでもぎって食べてみましたが、本当に美味しかったです。こんなに新鮮(数秒前まで木に生っていた)なものは食べた事なかったです。一通り案内してもらって、選り分け場へ行きます。ここでは朝収穫したリンチーをA・B・Cと3種類に大きさ別に分け、この後に箱詰めです。
リンチー園見学2
6月25日(月)
一番大きいものを箱詰めにしてもらいました。重さで10kg、値段は300バーツと安くしてくれました。おまけも沢山頂きました。産地で買ったので新鮮そのもの、それもつい先ほど刈り取ったものです。嬉しい。リンチーが大好きで、自宅庭にもリンチーの木を植えているのですが、未だ実が生りません。この事をお父さんに尋ねたところ、木に傷を入れてストレスを与えなくてはいけないらしい。木にストレスを与えると、子孫を残そうと実を付けるそうだ(私のタイ語力ではこう理解した)。そうすると木もどんどん強くなるそうです。その他、いろいろ教えて頂きました。今回の見学、お父さんと話して、リンチーの事で知識が増えました。来て本当に良かったです。それにしても全く面識も無く、もちろん会った事もないのに以前から知り合いのように接してくれました。こういう所がタイ人ですね。     お父さん
ファーン温泉
6月26日(火)

リンチー園の帰りに、ファーンという所で温泉に入って来ました。北タイには温泉が多いので、温泉好きな日本人は嬉しいです。この温泉のある場所は国立公園になっています。公園内は綺麗にされていましたが、お客さんは少なかったです。温泉は個室になっていて、使用料は50バーツです。バンガローのような中は、湯船と着替える所が付いています。湯船は大きく4人くらい余裕で入れそうでした。

チェンマイ写真のコーナーに写真UPしました。
http://www.salachiangmai.com/photo.htm

停電
6月27日(水)
今週の土曜日6月30日にサーラーチェンマイがある一帯が、電線点検の為に朝から停電になります。昨日知らせに来ました。店は電気が無いと何もできません。そこで、土曜日は休ませて頂きます。どうもこの停電は毎年あるようです。日曜日にやってくれれば店も定休日なので具合が良いのですが...。
 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1