皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年11月1日に、この店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2010年6月
1
5
7
8
11
13
14
16
20
21
22
23
24
25
28
29

 

迷子の勧め
6月2日(水)
私は外国を旅行していると、よく迷子になります。それはどこでも歩いて路地にも入っていくからなんだと思います。迷子になった時はやはり誰でも心細いですし、不安です。目的地に帰る(戻る)場合は、誰かに道を聞かなければなりません。そういう事でその地の人とコミュニケーションが取れるし、それがきっかけで知り合いになったりします。迷子になって本当に帰れなくなった事はありませんから、どんどん迷子になったら良いと思います。

今までで迷子になって焦った事、エジプトのルクソールで自転車を借りて街中を散策していたのですが、夕方になり暗くなったので早く自転車を返さなければと焦っていました。慣れない街だし、どこも同じような路地ばかり。本当に暗くなって完全に分からなくなってしまいました。そこに子供達が居たので聞いたところ、自転車に張ってあった店の名前を見て、そこまで連れて行ってくれました。無事に返す事ができてホッとしました。その子供達にチップをはずんだ事は言うまでもありません。
免許書更新の追記
6月3日(木)
先月の日記に書いたタイの免許更新で追記です。今回から新しくスマートカードと呼ばれるプラスチック製の磁気入りカードに変わったのですが、このカードはアセアン加盟10カ国(タイ・ラオス・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ミャンマー・フィリピン・ブルネイベトナム・カンボジア)でも使用できます。これは便利です。

この前の免許書更新では適性検査があり、ここでタイ人と外国人(タイ人以外)に別れるようです。私は知らずにタイ人と一緒に検査を受けていました。色の識別検査ではタイ語で、黄・赤・緑と言ったのですが、白人もいたのでどう言うのだろうと見ていると、英語で答えていましたから英語でも大丈夫なようです。日本だと青信号となりますが、こちらでは緑ですのでお間違えなく。
6月4日(金)
昨夜、強風になりやっと雨が降りました。それにしても凄い風で、車を運転していてもフラフラするくらいでした。雨が降ったので少しは涼しくなったようです。

タイでは雨が降る前に強い風が吹く事が多いです。タイを旅行中、強い風が出てきた時は早めの行動を取って下さい。昨日嫁さんから「曇っていて空が赤くなっているのを日本語で何と言うのか」と聞かれました。そんな日本語の単語があったのだろうか? 私は知りません。 タイ語では「ファー・クルム」と言うらしいです。このような状態になると、もう直ぐ雨が降ります。覚えておくと役立ちます。
良いのか悪いのか
6月6日(日)
タイは日本とは違う事があります。タイでは車を買った店に在庫があれば、そのまま乗って帰れます。ナンバープレートは1〜2ヶ月後で、それまではナンバープレート無しで乗れます。直ぐに車を使えるので便利です。しかし事故したりしてそのまま逃げてもナンバーが無いので逃げ得? 相手はたまったものではないです。またタイの交差点では進行方向の信号が赤でも左折可能です。これも信号を待たずに左折できて便利ですが、歩行者は青信号でも車がどんどん来るのでなかなか渡れません。このシステム良いのか悪いのか日本人の私には判断できません。
心の充電
6月9日(水)
資産家でもない限りは定年まで仕事をしなければなりません。数十年仕事をするわけです。いくら仕事が好きな人でも心が休まる時が必要です。嫌な事を忘れる時間もいります。そうする事によって仕事にも張り合いがでますし、人生楽しく過ごせます。そんな時にはやはり旅が一番。特にアジアですね。アジアの人を見ていると、こちらまで元気になります。あの底抜けの笑顔や気楽に生きているの見ると、こんなんでも生きていけるのだなと肩の力も抜けます。良い仕事をする為にもアジアへ旅行して下さい。
隠れた逸品のお土産
6月10日(木)
身内用のお土産で、隠れた逸品はいかがでしょうか。まずタイの柔軟材です。これは知る人ぞ知るタイの逸品です。何と言っても価格が異常に安く、500ml入りで50円くらい。そして凄く良い香りがします。親しくなったタイ人女性に洗濯してもらって、この匂いの虜になった人も結構いるのではないでしょうか(決して私ではありません)。 次にオイスターソースです。これまたかなり安く美味しいのです。日本だと結構高いです。持ち帰りに便利なラミネート入りや、ポリ容器入りのものあります。探せば良いものが見付けられますので頑張って探して下さい。

写真の柔軟材は700ml入り10バーツ(29円)でした 
雨が少ないチェンマイです
6月12日(土)
最近のチェンマイは雨は時々降るけど小雨程度、タイの雨季らしくバケツをひっくり返したような雨はなかなか降りません。そのせいか現在のチェンマイは水が不足して、ダムにも水が少ないそうです。私の大好物のリンチー(ライチ)も水不足が原因で収穫量も少なくて値上がりしています。現在キロ100バーツくらい。やはり雨季は雨季らしく、沢山の雨が降って欲しいものです。しかし洪水になるくらい降るのは勘弁して下さい。
ワールドカップ
6月15日(火)
昨夜はワールドカップ日本代表が勝ちましたね、嬉しいです。タイ人もこのワールドカップを観ている人が多いのか、夜になると人が少なくなります。タイは日本以上にサッカー好きが多く、アジアでは結構良いところまでいくのですが、ワールドカップにはまだ出た事がありません。もしタイがワールドカップに出たら、それは凄いお祭り騒ぎになる事間違いありません。サッカーはボール一つあれば出来るスポーツなのが良いですね。貧しい人でもできます。次の日本−オランダ戦は19日、タイ時間の午後6時なので観れそうにありませんが、ぜひ勝って欲しいです。でもオランダ強いからな〜。
日本人には理解しがたい
6月17日(木)

タイ人は日本人には理解できない事をします。またそれを信じてやまないところがあります。

1、ビールにスプライトを入れて飲む・・・美味しくなるらしい。(甘くて水臭く、せっかくの喉ごしが台無し)

2、ウイスキーに栄養ドリンクを入れて飲む・・・悪酔いしないらしい。(薬臭いし甘く、効果なし)

3、バイクはうるさい方が良い・・・馬力も出て燃費も良くなる(マフラーに穴を開ける人は最近少なくなりました)

4、たくさんタンブン(徳を積む)する人が一番良い人・・・泥棒でも悪人でも(そうらしいです)

5、日本人はたくさんお金を持っている・・・そうでもないと最近のタイ人はうすうす気が付き始めています
 (日本も景気が悪いのよ)

タイ人には理解しがたい
6月18日(金)
お客様から「タイ人から見て日本人の理解できなところ」を探して欲しいと、ご依頼を受けましたので書かせて頂きます。

1、生卵を食べる・・・これはかなり気持ち悪がっています。日本以外の国で生卵を食べる所は少ないです。

2、日本のお坊さんは結婚できる・・・これはタイ人にとっては許しがたい事です。

3、日本には銭湯がある・・・タイでは同性でも裸を見られるのは嫌です。混浴なんてもってのほかです。

4、麺を食べる時にススル、音を出す・・・TVで日本人が麺類を食べているのを見てタイ人は爆笑しています。

5、日本人はお金を持っているのに使わない・・・タイのお金持ちは驚くほど金を使います。日本は景気が悪いんです。
  タイ語で「キーニャオ」って言われたら気を付けて下さい。悪口言われていますよ。
休ませて頂きます
6月19日(土)
明日20日から25日まで店を休ませて頂きます。この期間に店に来られるご予定だった方、よく来て頂いているチェンマイ在住の方、本当に申し訳ありません。26日(土)から平常営業します。慰安旅行としてバリ島に行きます。バリも乾季に入ったようなので雨の心配も少ないみたいで楽しみにしています。バンコクでの乗り継ぎが悪く、チェンマイ最終便でバンコクのスワナプーム空港へ行き、朝6:30の便でバリに行きます。スワナプーム空港近くのホテルに泊まる事も考えたのですが、それにしては時間が少ないのでやめました。嫁さんが持っているクレジットカードでラウンジが使えるようなので(定かではない)そこでゆっくりしようと思っています。しかしまだ出発準備もしていなのに大丈夫だろうか(毎日ワールドカップを観ていて時間がありません)。

メールの返信は26日以降になりますので宜しくお願いします。それでは行ってきます。
バリ旅行 1
6月26日(土)
今日から営業します。休ませて頂いて有難うございました。バリに行って来たのですが、初バリだったので何もかも珍しく新鮮でした。安い航空券だからか乗り継ぎが悪かったので空港での時間待ちが長かったです。バリの空港で迎えのホテルの人が来ないハプニングからバリ旅行は始まりました。ホテルに電話すると遅れて来ました。やはりバリもアジアです。まずはクタに宿泊しました。運転手付きの車をチャーターしていたので、クタ周辺のタナロットとウルワトゥに行ってもらって、夜ジンバランで食事、ここはビーチにテーブルを出して、シーフードを食べます。流しがいて隣の席のところで演奏していました。凄く上手で、自分達のところでも演奏してもらえば良かったです。値段はちょっと高いですが、食事も美味しく、雰囲気も良かったです。
バリ旅行 2
6月27日(日)
郊外の観光地にチャーターの車で連れて行ってもらいます。まずは「ゴアガジャ」へ、洞窟と沐浴場があります。木が多く、凄く気分が良いです。あと苔が凄く綺麗な緑色をしています。次に行く場所があったのですが、お昼になり、お腹も空いたので「キンタマーニ」へ行く事にしました。こんな時はチャーターした車は融通が利いて良いです。ここは名前からして、ぜひ行ってみたかったのです。山にあって凄く見晴らしが良く、綺麗な形をした山があり、麓に湖もあって景色は抜群です。またちょっと肌寒いくらいで南国のバリではないようです。バイキングスタイルのレストランがあり、この素晴らしい風景を見ながら食事しました。食事の味は普通ですが、景色が良かったので満足しました。また行きたいです。
              キンタマーニ →
この後、ブサキ寺院へ。ここはガイドを雇わなくてはならないそうなので、ガイドを雇って見学、階段と坂が多くて疲れました。最後にこのガイド「チップをくれ」と言われましたが、ろくにガイドもしてないので渡しません。それより早く帰して欲しかった。ここはお勧めしません。最後にティルタウンプル寺院へ、ここは沐浴場があります。常に水が湧き出ていて、この水で体を清めてお祈りするそうです。綺麗な水が底からも湧き出ていました。ここは良かったです。

            ティルタウンプル寺院 →

お寺の見学は結構歩くので疲れます。
バリで有名な棚田です。私は日本にもあるので見なくても良いと言ったのですが、通り道なので、、、とドライバーが言うので仕方無しに見ました。疲れたので早く帰りたかった。でも綺麗でした。この辺りは湧き水が多いそうで、このような田んぼが作れるのだそうです。

            ウブド郊外の棚田 →
バリ旅行 3
6月30日(水)
ウブドではSri Bungalows に泊まりました。値段は一泊55USドルです。ライスフィールドビューで気持ち良かったです。浴室の窓からもこの景色が見れました。朝食も部屋まで持って来てくれたら最高だったのに、、、(朝食は不味かったです)
ベッドはこんな感じです。このホテルはテラスがかなり広くて、良かったです。高級ホテルでもテラスの無いところは多いです。また窓も開かない(安全上?)ところも結構多いので、こういうテラスがあるのは嬉しいです。
ウブドではバイクを借り街を走ったり、ショッピングしたり、市場へ行ったり、マッサージしたり、あとブラブラしていました。ウブドへ来てからは天気が悪く、雨が降ったり止んだりでした。現在バリは乾季なはずですが。
運転手さんに教えて頂いた美味しいというレストランで食べました。このスペアリブは骨ばかりで肉の部分がかなり少なかったです。チェンマイのワロロット市場に売っているスペアリブ(シーコンムー)の方が安いし、肉の部分がかなり多いです。

そんなこんなバリ旅行でした。
 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1