皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年111日に、この店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2009年3月
2
3.
4.
7
8
9
12
14
15
16
19
23
25
26
29
30
 

タイの道路事情
3月1日(日)
タイの道路事情はかなり良い方だと思います。ベトナム戦争の時にアメリカが整備したという話を聞いた事があります。道路標識もタイ語と英語で書かれていて見やすいです。小さな街は道路沿いに家や店があって車で走っていると、あっという間に通り過ぎてしまいます。日本で言うドライブインは少ないですが、ガソリンスタンドがその代わりになりっていて、食事や飲みのもあり、コンビニが併設されている所も多いです。制限速度もほとんど無いようなもので、道も良いので飛ばせます。日本と違ってトンネルが無いので、山道はかなり曲がりくねっています。景色が良い所も多いので、タイに来られた時にはレンタルバイクorレンタカーを借りて走ってみてはいかがでしょうか。
仏教の心
3月4日(水)
最近、自宅のあるムーバーン(住宅地)の入り口に水飲み台が、お寺からの寄付によってできました。この水飲み台には素焼きの水入れがあって、この中に水を入れて柄杓のようなもので飲むのです。適度に水が滲みでて、その気化熱でいつでも冷たい水が飲めるようになっています。これもタンブン(徳を積む)なのです。実際にここに水が入っているかどうかは分かりませんが、こういうものがあるだけで気持ちが良いです。家の前にもこのような水飲み台を作っているところも結構あります。その家の人は見た事はないのになぜか良い人に思えます。
定額給付金
3月5日(木)
日本では定額給付金が支給されるそうですが、タイでも定額給付金が支給されます。この前、サーラーチェンマイに書類が届きました。一人当たり支給額が2,000バーツで、給料が15,000バーツ以下の人を対象にしています。サーラーチェンマイの従業員も喜んでいます。日本人だと貯蓄に回す人が多いと思いますが、タイ人はすぐに使ってしまうので経済効果はタイの方が大きいと思います。私は日本人なので当然ここでは給付金はもらえませんが、日本の給付金はどうなるのでしょうか。
観光ビザが無料に
3月6日(金)
タイの観光ビザ代が3月5日から6月4日までの3ヶ月間、無料になるそうです。去年の空港閉鎖で観光客が減っているので、少しでも呼び寄せたいのでしょう。しかし観光ビザを取ってくる人は少ないと思うので、ビザ無しで3〜6ヶ月滞在できるようにした方が良いと思います。ついでにタイ長期滞在者用のビザ代も無料にして下さい。
訂正
3月10日(火)
3/5の日記で、「タイの定額給付金は日本人の私はもらえない」と書きましたが、外国人でも所得が15,000バーツ/月以下だともらえるそうです。しかし、日本人がタイで働く場合、最低60,000バーツ(これより実際少なくても)になるので、やはりもらえません。あとパカンサンコン(社会保険)に入っていないとタイ人でももらえません。
山火事
3月11日(水)
3/9(月)にちょっと用事でチェンラーイへ行ってきたのですが、チェンマイからチェンラーイへ行く途中で山火事がありました。現在チェンマイは空気が乾燥しているし、雨が全く降らないので、ちょっとした事で火事になるのだと思います。しかし見ていても全く火を消そうという感じはなかったです。落ち葉がじわじわと燃えているようで炎は少ないですが、結構広範囲で燃えていました。毎年起こっているので何とかならないものでしょうか。
ソンクラーン休み
3月13日(金)
来月、ソンクラーン祭り(水掛け祭り)休みの日程が決まりました。4/11(土)〜4/15(水)までの5日間です。毎年この期間は休んでいますが、今年は海外へはいかず、日本にも帰らず、チェンマイのリゾートに宿泊します。お金もありませんが、ゆっくりしたいというのが本音です。私の嫁さんの知人がリゾートを持っているので、そこに泊めてもらいます。知り合い価格でかなり安くして頂きました。読みたかった本など持って行ってのんびりしてきます。
家賃
3月17日(火)
タイで仕事をするのは、タイ人であれ、外国人であれ、それは大変な事だと思います。一番大変なのは人材で、その次が家賃。サーラーチェンマイの二件隣りのマッサージ屋が移転しました。家賃が急に上がったからだそうで、その上がり方が半端ではありません。いきなり80%の値上げ。少しならまだ分かりますが、ちょっと上げ過ぎだと思います。店舗にお金を掛けて綺麗にしたところで家賃の値上げして追い出す。店が綺麗なので次も借り手が付きやすい。お金の事しか頭にない人はちょっと嫌ですが、こんな人がお金持ちになっていくのでしょう。
3月18日(水)
昨夜から今朝にかけて久し振りに雨が降りました。もう何ヶ月振りだろう、思い出せないくらい前です。昨夜は、雷も激しく鳴って風も強く吹きました。これで洗い流され、空気も綺麗になる事でしょう。緑も生き生きとしています。

サーバーの調子が悪く、日記もUPできません。なかなか思うようにいかないタイです。
タイでお金持ちになったら@
3月20日(金)

もしタイでお金持ちになったら、ぜひチェンマイにある一角を買い取って、昔のチェンマイの街を再現したい。木造の建物で食堂も昔のスタイル。メニューも昔食べていたものが良いな。そして服装も昔のもの。お土産なども売ると観光客も来てくれるし、タイ人も懐かしくて来てくれると思います。いや私がやらなくても現在のチェンマイ市が造ってくれると有難いのだけど・・・。資金が足らないなら、どこか企業に出してもらって、ビヤチャーンなんてお金持っているし良いスポンサーになってくれる思うけど。

タイでお金持ちになったらA
3月21(土)
もしタイでお金持ちになったら土地を提供して道を造ってもらう。外国人から土地を提供してもらったらタイ政府も嬉しい事でしょう。自分も通りに名前が入るので嬉しいです。タノン・梶田(梶田通り)。いやソイ(路地)でもいいかな。ソイ梶田(梶田路地)、ずーっと名前が残るのでいいな。せっかく道に名前が付いたのだから、ちょっと個性的にしたい。歩道を花で飾り、入り口に大きな門かモニュメントを付けたい。
リフォーム 1
3月22日(日)
やっとHPがUPできるようになりました。現在の住まいは10年前に買った一戸建てですが、さすがに10年前に比べて年月分のヤレが出てきました。そこでタイルなどを貼ってリフォームしてもらう事にしました。裏庭に作ったカフェーもちょっと綺麗にしようと思っています。ここは自分でやるつもりでしたが、時間が無くほったらかしにしていたので、これではマズイとここも職人さんにやってもらいます。タイルは自分で選んだのですが、実際に貼ってみるとちょっとイメージが違ってきます。でも綺麗になってきました。
赤蟻の卵
3月24日(火)
カイ・モッ・デーン(赤蟻の卵)です。食べ方はいろいろありまして、スープに入れたり、玉子焼きに入れたりします。普段は食べないのですが、現在嫁さんのお母さんが自宅に遊びに来ているので買いました。(お母さんの好物です) 100g-25バーツでした。バンコクだと40バーツもするそうです。味は何とも表現し難いですが、美味しいです。旅行で来られるとあまり食べる機会も無いかも知れませんが、チャンスがあれば食べてみて下さい。
見てはいけないものを見てしまった
3月27日(金)
今日は見てはいけないものを見てしまいました。いつも店の前を通る小汚いタイ人夫婦、年は50歳代? その旦那の方が目が見えない振りをして、奥さんが連れて一軒一軒家の前に来てお金を恵んでもらっていました。いつもサーラーチェンマイの前を普通に歩いているのに・・・ もう信じられません。サーラーチェンマイにはこの夫婦は来ませんが、他の方で寄付を求めたり、お坊さんの袈裟を着て寄付をしてくれという者もよく来ますが、私は絶対にお金をあげません。訪問販売も買いません。今回の件で益々寄付したくなくなりました。体のご不自由な方でも頑張って宝くじを売ったりしているのに、何か許せないです。
めざせタイマスター
3月28日(土)

タイで暮らしていく為に必要な事

○60%で満足する(完璧を求めない)
○自分が損するくらいが丁度良い( 対価を求めない)
○嫌な事はできるだけ早く忘れる(楽しむ為に)
○悪い人とは付き合わない(日本人も含める)
○納得いかない事があってもこういうものだと諦める(タイスタイルです)
○絶対タイ人と喧嘩しない(後で怖い)
○タイ人のプライドが傷付く事をしない(タイ人は変にプライドが高い)
○タイに溶け込む努力をする(でないと、いつまでも外国人です)
○細かい事は気にしない(屋台で水を出されても気にせず飲む)
○男性はタイ人女性に騙されないように(簡単に騙される人が多過ぎ)
○いつも同じ服を着ない、汚い服を着ないように(タイ人はよく見ていますよ)
○ケチ臭くならないようにする(タイでは一番嫌われます)
○タイ人の知り合いを作る(やっぱり頼りになるのがタイ人です)
○パクチーを食べられるようになる(これでタイ人は受け入れてくれる・・・はず)

リフォーム 2
3月31日(火)
自宅のリフォームですが、現在裏庭に作ったカフェーを綺麗にしてもらっています。癒しの場所にしようと思っていたのですが、隣で洗濯物を干されるとちょっと癒されないので塀を作ってもらいます。中々良い感じになってきました。あと植樹して落ち着けるようにしたいと思っています。それにしても暑い中、職人さんが頑張って作業してくれています。本当は自分がやるはずだったのですが、有難いです。プロの方は板を支える柱も多いし、しっかり綺麗に作ってくれています。やはり本職には敵いません。
 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1