皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年11月1日に、この店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2012年3月
1
3
4
5
8
11
12
16
17
18
19
22
23
25
26
28
29

31

何も決まっていません
3月2日(金)
3月に入りました。年度末ですが、タイだとあまり関係ないようです。朝はなぜかまだ寒いチェンマイです。今年はちょっと寒いようです。それでも昼間は段々と暑くなりつつあります。来月にはソンクラーン(タイの正月)ですが、ソンクラーンにどこへ行くかも決めてなくて、日本へ行くのかどうかもまだ決めかねています。それよりも新しいバイクを買うかどうか(これはどうしても欲しい)もまだ決まりません。今持っている土地もまだ売れていませんが、相手の方が今お金を工面しているそうで、もう少し待って欲しいと言っています。何もかも決まらない事だらけ、、、 最近はバタバタしていて、ゆっくり考える時間が無いので、ちょっと落ち着きたいです。
売れました
3月6日(火)
↑の日記に書きました売りに出していた土地ですが、やっとお金を支払ってくれました。それにしてもこの方、ほとんど見もせずに買ってしまいました。地元なので大体分っているのだと思いますが、凄いです。私も現在の家を見に行った時、ざっと見て庭があったし、裏庭からドイステープが見えた時、ここにしようと決まりました。5分ほどで決まったのです。まあ、気に入った時はそんなものです。いろいろ吟味して計算して時間を掛けても、なかなか決まるのもではありません。取り合えずこれで決まっていなかったものが一つ決まりました。これから少しづついろんな事が決まっていくのではと楽観視しています。昨日は休みだったので気分的にも少し楽になりました。これからまた新しい土地を探さないといけません。私の理想は、山が見えて静かで近くに市場があり、チェンマイの中心地まで車で一時間以内で行ける所です。焦らずゆっくり気に入ったところを探してみます。それでも決まる時は、あっという間だと思います。
今年のソンクラーン休み
3月7日(水)
現在のチェンマイはまだ朝は涼しく、ソンクラーン(水掛祭り)の事を言うのは早過ぎるような感じですが、来月はソンクラーンが始まります。そこでサーラーチェンマイのソンクラーン休みのお知らせをさせて頂きます。

ソンクラーン休み  4/12(木)〜4/16(月)までの5日間です。私は郊外のリゾートに行こうと思っています。この間はバイクで走っていても水を掛けられるので、バイクは乗れません。
自分へのご褒美
3月9日(金)
ストイックに自分に厳しく生きるのも良いと思いますが、やはり時々は自分へのご褒美も必要だと思います。最近は無駄遣いを無くすとか、節約するとかよく取り上げられていますが、どんどん人間が小さくなり、何でも消極的になってしまいそうです。節約したらなら、その節約した分を自分へのご褒美に使うのが良いと思います。頑張ったらその対価を自分へ、、、私も今年は仕事ちょっと頑張ったので、新しいバイク買っても良いですよね?
タイ料理のご紹介
3月10日(土)
最近、豚肉か鶏肉ばかりだったので、ちょっと他のものをと頼んだのが、この「パット・カナー・プラーガポン」 (カナー菜と鰯缶詰炒め)です。何と、こちらではポピュラーな鰯の缶詰を使った料理です。以前ご紹介した、インスタントラーメンの麺を使った料理もそうですが、これも市販の缶詰を使用したものをメニューに載せています。この発想が凄いと思います。かなり美味しいのでぜひ注文してみて下さい。大盛りで40バーツでした。
癒されてきました
3月13日(火)
昨日は、休みの日で用事も無かったので、タイ人の知り合いから聞いた凄くロケーションの良いカフェに行ってきました。道が分らず行ったり来たりで、何とかたどり着く事ができました。こんな辺鄙な場所にカフェーがあるのも驚きですが、平日になのにお客さんが結構居るのにも驚きました。それでも良い場所で、料理も美味しくケーキも美味しかったです。ちょっと癒されてきました。チェンマイにはこういうロケーションの良いカフェやレストランが多くあります。休みの日にはこうい場所巡りをしたいです。
買いました
3月14日(水)
日本製のバーベキューグリルを探していたのですが、どこにも無かったのでタイ製を買ってしまいました。機械より鉄板のテフロンが先にダメになるのでタイ製でも良いかと思い買いました。早速自宅でバーベキューしましたが、やはり楽しくて美味しいです。
若返りが必要
3月15日(木)
最近の日本の企業を見ていると、スピードとアイディアと今求めているものを見抜く洞察力が足りないように思えます。電化製品や車など、そういうところが韓国や中国に追い上げられている(抜かれた?)ところだと思います。若い人の中には凄く良いアイディアを持っている人もいるとは思うのですが、年配の上司が押さえているのかも知れません。ホンダの本田宗一郎さんや、アップルのジョブスさんなど、次々をアイディアを出して製品化していきました。トップがこうなので行動も早いです。今一番必要なのが若返りなのではないでしょうか。
国際運転免許証を取ってきました
3月20日(火)

5月に日本へ行く事にしました。今回は嫁さんも連れて行きます。東京Inの大阪Outです。結婚して10年の節目で、嫁さんにとっては10年も日本に行っていないし、私の親にも長い間会っていないのでちょっと会わせておきたいので日本行きになりました。東京ではディズニーランドと東京観光、富士山に泊まって実家のある大阪へ。富士山ではレンタカーを借りて観光しようと思っているのですが、日本の運転免許証は期限が切れています。日本に帰ってから更新しても間に合いそうにないので、昨日タイの国際運転免許証を所得してきました。

必要書類は 
1、タイの運転免許証とそのコピー
2.、パスポートと顔写真が載っているページとビザのページコピー
3、顔写真2枚 3cm×5cm
4、居住証明、(タビアンバーンを持っている方はそのコピー)

費用 505バーツ、 午前中に申請して午後1時に受け取りました。

タイに住まれている方で、ヨーロッパとかオーストラリアへ旅行に行って、レンタカーを借りられる方は、日本まで帰らずにタイで国際免許証を取れるので楽だと思います。

また癒されてきました
3月21日(水)
↑上記の国際運転免許証を取りに行って出来上がるまでの時間を、この前タイ人から教えてもらった居心地の良いカフェーに行って来ました。ここは花博会場の近くで街中からも近い場所にあるのですが、緑も多く本当に居心地の良いカフェーです。先週行ったメーリムのカフェーもそうですが、こんな分り難い場所にカフェーがあるのも驚きですが、お客さんが多いのにも驚きます。あまりに気持ち良く長居してしまったので、コーヒーをおかわりしてしまいました。居心地の良いカフェーやレストランを探すのが私の趣味です。
忙しい、、、
3月24日(土)
最近いろんな事が決まりだして急に忙しくなってきました。4月のソンクラーン休みはメーリムのリゾートに泊まります。そして5月21日から日本へ行きます。嫁さん(タイ人)を日本へ連れて行くので日本のビザも取れなければいけません。日本のホテルも予約して、レンタカーも押さえて、、、 この前売れた土地の名義変更もしなければならないし、やる事が多くて忙しいです。
忙しい休日
3月27日(火)

月曜日、店が休みなので用事を済ませてきました。メモ帳に行く場所を書いてみると7件あります。自宅から一番近いところから順番に行く事にしました。まず郵便局へ留守の時に配達に来た荷物を引き取りに行きます。何と3個も届いていました。そのあと、ノンホイへスクーターの税金と強賠の支払い。そしてチャンクランにある銀行の貸し金庫へ嫁さんの日本行きビザに必要な書類を取ってきました。そして、日本行きの航空券代の支払い。日本領事館へ日本行きビザに必要な書類の確認へ。ここで昼近くになったので日本領事館のある場所から道路を挟んだ向いのリンピンスーパーにある日本食で昼食。ここは不味かった。もう二度と行きません。この隣にあるダイソーでちょっと買い物。帰り道、新しく出たスズキのスイフトを見に行きました。凄い人気があるようで、人が多い。試乗車も順番待ちがかなり長いので、この日は諦めました。この後は予定には無かったのですが、ミツビシへ行き、これまた新発売のミラージュを見に行きましたが、何と展示車はありません。夕食のお好み焼きの材料を市場で買って帰宅。一服して散髪してきました。ちょっと最近やってなかったので車を洗おうかと思いましたが、疲れていたので諦めました。せっかくの休日が用事を終わらすのに費やされました。

直りました
3月30日(金)

昨日は一日中、サーラーチェンマイのHPが見れなくなっていました。いつも見て下さっている方にはご迷惑をお掛けしてすみませんでした。このHPを管理しているプロバイダーの故障だそうです。今日は直っていたので一安心です。タイなのでこの様な事も起きます。会社によっては損害が大きいところもあるでしょう。タイは日本に比べると、やはりいろんな面でクオリティーが低いです。サーラーチェンマイの二件隣の店は看板に朝9時オープンになっていますが、9時に開いているのを見た事がありません。反対側にある旅行代理店は一日の内で時々店を閉めたりしています。日本人から見れば、いい加減な仕事をしているな〜っと思いますが、私はこんなでもやっていけるタイにはちょっと羨ましく思います。

 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1