皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年11月1日に、この店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2010年5月
2
3
5
9
10
12
15
17
20
22
24
27
28

29

30
ゴールデンウィーク
5月1日(土)
ゴールデンウィークに入りました。デモの影響で観光客も少ないのではと心配していましたが、沢山のお客さんが来られています。皆さんあまり気にしていないようですね。タイ好きな人は少々問題があろうと来られるようです。私の場合は不安要素があった時には逆にチャンスだと思っていました。航空券は安くなるし、ホテルも安くなる。また観光客が少なくなるのでノンビリできると良い事が多いです。そういえば湾岸戦争の時も海外旅行していました。どこも観光客が少なくゆっくりできて良かったです。
状況
5月4日(火)
バンコクでのデモの続報ですが、政府は11月14日に解散総選挙を行うと発表しました。これで取り合えずは収まるのではないでしょうか。バンコクに住まれている方から現在はどんな状況なのか教えて頂きました。デモをしている場所には屋台も沢山出ていてお祭りをやっているようで、あまり緊張感は無いそうです。人の出入りはあるそうです。それにしても屋台は凄いですね、チェンマイの洪水があった時も、それを見に来る人目当てに屋台が出ていました。
暑い時は
5月6日(木)
現在暑いタイですが、こんな時は食欲も落ちます。そんな時は酢を入れると食も進みます。暑い時はちょっと酸っぱい物が合うのです。タイでは麺類にも酢を入れて食べますが、これはやはり暑い国ならでは、食が進みます。タイのスープにもやはり酢っぱ辛いものが多いですから、暑くても食が進むようにしているのでしょう。私も暑くて食が進まない時はネーム(発酵肉)の入ったカオパット(焼き飯)や、野菜と一緒に炒めたものをよく食べます。これだといくらでもお腹に入ります。食が進まない時は酸っぱい物を。
慰安旅行
5月7日(金)
来月の6/20日から慰安旅行にバリ島へ行く事になりました。誠に勝手ながら6/20(日)〜6/25(金)までの6日間、店を休ませて頂きます。この期間にサーラーチェンマイへ来られる予定をされていた方、本当にすみません。慰安旅行と言っても今回は夫婦二人だけのですが、去年は社員旅行にも行っていないし、今年は少し休ませて頂きたくお願いします。
ここまでできればチェンマイ上級者
5月8日(土)
1、麺類が来たら、迷わず調味料を入れられる。

2、タイ人の失敗を笑って「マイペンライ」と言える。

3、タイで汗をかかない歩き方ができる。

4、シンハービールを「ビアシン」と注文できる。

5、ワロロット市場を「ガードルワン」と言える。

6、セントラルデパートを「ガードスワンケーオ」と言える。

7、プラスティックで出来た50バーツ札を知っている。

8、ガイドブック、水を持たずに外出できる。

9、タイ人の知り合いが5人以上いる。

10、自宅にタイで買った木彫りの置物がある。
大変だ象
5月11日(火)
現在暑いし、バンコクではデモもあって観光客は減っています。チェンマイ郊外の象キャンプではお客さんも少なく仕事にあぶれる象も出てきています。昨日ちょっと仕事の用事でシティーホールに行って来たのですが、普段はいない象が仕事に来ていました。「シティーホールの象」 デモのあったバンコクですが、伊勢丹のあるワールドトレードセンターも昨日からオープンしたとニュースでやっていました。これから良くなっていってくれる事を祈ります。
お勧め屋台
5月13日(木)
タイでは食べる所はいろいろありますが、私は屋台で食材が氷の上に並べられてある所が好きです。何があるか一目瞭然で、注文もし易いです。もし言葉が通じなくても、「これとこれを炒めて」とかジェスチャーでも伝えられます。変わった食材を見付けた時は、ちょっと食べてみたいとも思います。蛙なんて本当に美味しいです。チェンマイでこういう屋台がある場所は、お堀の北側にあるチャンプアック門の前です。夕方からオープンしますので、一度ご試食してみてはいかがでしょうか。値段も安いです。私のお勧めはエビのガーリック揚げ(クン・トー・ガティアム)です。殻ごと全部食べられます。
屋台は、、、
5月14日(金)
私は海外に向いている体質だと思います。胃腸は丈夫だし、体力もある方だし、何でも食べられます。あとどこでも直ぐに馴染んでしまいます。お客さんから「屋台で食べても大丈夫なのか」と聞かれたのですが、何が大丈夫なのか、最初は分からなかったのです。聞き直してみると、衛生的なものだという事です。私は毎日のように食べていますし、タイ人も同じように食べています。まあ、衛生的かと言われればどうかな?と思いますが、食に関しては煩いタイ人です、食中毒を起こすような屋台は生き残れません。味の悪いところももちろんです。全く無菌状態などできるはずはありません。生きている限りは何かしらの菌は体に入ってきます。あまり潔癖過ぎると逆に耐性が無くなっていくように思います。最近の日本人を見ていると直ぐにお腹を壊す人が多いように思います。あまり気にし過ぎるのも良く無いのではないでしょうか。
プラスチックの50バーツ札
5月16日(日)
プラスチックの50バーツ札を知らない方が多いので、ちょっと説明させて頂きます。この50バーツ札はプラスチックで出来ていて、透かしの変わりに透明な部分もあり、ツルツルしていて結構丈夫でした。しかし、コストが掛かる(紙の2倍くらい)ので2004年に現在の紙のお札に変わっています。私はこのお札を凄く気に入ってました。ソンクラーンの水掛け祭りの時にはこのお札だけを何枚かズボンのポケットに入れていました。プラスチックなので濡れても大丈夫。重宝しましたが、現在ではほとんど見る事はなくなっています。これなら偽造も難しそうです。しかし、なぜ50バーツ札だけプラスチックだったのでしょう? 試験的に?
胃が幸せ?
5月18日(火)

明日は私の誕生日なので、昨日(休みだったので)美味しいものを食べに行って来ました。今年3月の結婚記念日に食べに行ったBig-C近くのシーフードレストラン にまた行って来ました。前回は食べたかったカニは行く時間が早過ぎてまだ無かったので、今回はちょっとゆっくり目に行ったのですが、ありました。大きなカニが。一番大きいのを料理してもらいます。いつもは蒸してもらうのですが、今回は炒めてソースブランディーというものにしてもらいました。これが美味しいのなんの、こんなの初めてです。ソースが本当に美味い。次回はこのソースでエビとイカを炒めてもらおうと思っています。胃が幸せでした。

 

免許更新
5月19日(水)

5/17にタイの運転免許書の更新に行って来ました。タイの運転免許書は最初が1年で更新、次回からは5年毎となっています。更新手順を書かせて頂きますので、タイの免許書をお持ちの方で、これから更新される方はご参考下さい。

今回の更新では以前更新した時と違っていました。私の感想としましては、タイに慣れていてタイ語ができる人意外はちょっと難しいと感じました。出来ればタイ語ができる日本人か、タイ人と一緒に行かれた方が良いでしょう。

(必要書類)

  1、旧運転免許書
  2、 パスポート
  3、 パスポートのコピー(写真のページとビザのページ)
  4、居住証明書orワークパーミットorタビアンバーン(何れか)
  5、健康診断書(私の場合60バーツでした)

※顔写真はいらなくなりました。バイクと車の免許書だと書類は2部です。

免許書作成料(5年)

  ・車    505B+スマートカード代100B+(住所変更50B)
  ・バイク 255B+  〃

更新手順
○2階に上がるとインフォメーションがあるので分からない事は聞いて下さい。

  1. 空港近くハンドンRd,の陸運局を2階に上がり、21番カウンターに運転免許書の更新を告げ、必要書類を渡すと申請用紙をくれるので必要事項を書き込む。

  2. 次に28番カウンターに申請書類を持って行き、呼ばれるまで待機。呼ばれたら中に入って目の検査(色を言う、青・赤・黄色)タイ語・英語可

    OKなら次は判断力検査(シートに座り、アクセルを踏むと青ライトが付き赤ライトが付くと
    ブレーキを踏む。(前の人を見てやり方を覚えて下さい)

   3、検査が合格なら Bのトレーニングルームに入り、パソコンで交通規則のビデオを
    約1時間見ます。(日本語もあります)

   4、終われば入り口のインフォメーションに行き番号札をもらい順番を待ちます
    電光掲示板に順番が出ますので、順番が来れば番号のカウンターに行き代金を支払います。
    そのあとは中に入って写真撮影。その場で新しい運転免許書をもらえます。

    終了

収まったようです
5月21日(金)
昨日は突発的に店を休んですみませんでした。19日に赤服が暴れてナワラット橋でタイヤを燃やし、近くの知事公邸にも火を付けました。その後、サーラーチェンマイの直ぐ近くのバンコク銀行に襲撃したので、これは火でも付けられた危ないと店を閉めました。昨日は一日様子を見ていましたが、もう大丈夫そうなので今日からオープンしています。バンコク銀行を見てきましたが、ATMが壊されています。しかしお金は持っていけないだろうと妻は言っています。ATMの中はかなり頑丈な金庫になっていて、ちょとやそっとじゃ持っていけないらしいです。今朝通勤途中にナワラット橋、知事公邸を見て来ましたが、大丈夫そうでした。このまま収まって欲しいです。
予想外に
5月23日(日)
現在のところ、チェンマイは平静を保っています。明日まで夜間外出禁止令が出ています。5/24まで夜11時から朝4時までです。デパートは閉っていますが、スーパーは開いています。もちろんサーラーチェンマイも開いています。バンコクでは騒乱があったり、チェンマイでも少しあったので、お客さんも来ないだろうと思っていたのですが、思ったよりも来てくれています。全く知らなかった人や、大丈夫だろうと思っていたいた人、何が何でも行くという人など、いろいろです。なかなか頼もしいです。悪い事もあれば良い事もあるわけで、現在大変空気が澄んでいて、山もハッキリ・クッキリ見えます。トロピカルフルーツも沢山出回ってきました。現在は観光客も少ないので、どこも予約いらず。落ち着いた古都を堪能できます。こういう事件に立ち会えた事で、話のネタもできます。
久し振りに良いニュース
5月25日(火)
嫌なタイのニュースばかりなので、ちょっと良いニュースを。バンコクのデモも終了して、街は後片付けが大変です。そこでバンコク市民がボランティアで掃除の手伝いをしてくれています。(他の写真をご覧なりたい方はこのリンクへ)

見ていて気分が良かったです。日本では放送したのか分かりませんが、こういうところこそ放送して欲しいものです。自分が住む街を汚されたら悲しいですから気持ちも分かります。写真にはマスクを配ったり、ご飯を支給している人も見えます。 タイ人の良い面です。
今回の騒乱ではタイ人の悪い面と良い面が見えました。
サイアムあたりのデパートも今日からオープンします。早く元に戻って欲しいです。
待ちに待っていました
5月26日(水)
とうとうこの季節がやって来ました。リンチー(ライチ)の季節です。私の好きなチャカパット種(大きなサイズ)が出回ってきました。しかしまだ出始めなので値段はちょっと高めの100バーツ/1kgです。早速食べてみましたが、あ〜甘い、お〜美味しい。たまりません。生きていて、タイにいて良かったと思う瞬間です。私はタイにこれを食べる為に来たと言っても過言ではありません。今年のタイは暑かったのですが、出来はどうだろう。沢山出回って欲しいです。この時期にタイに来られる方はぜひ、このリンチーを食べていって下さい。タイに来てリンチーを食べずに日本に帰る人は、大阪に来てたこ焼きを食べずに帰るようなものです。
一味違ったチェンマイ観光
5月29日(土)

チェンマイに何度も来られている方や、ちょっと違った観光をしたいと言われる方に、、、

「市場巡り・・・」
チェンマイに市場が沢山あります。市場によって売っているものも違いますし、雰囲気も大きさも違います。
お勧め市場‐‐‐ ムアンマイ市場(ワロロット市場の北) 金曜朝市(ナイトバザール横)

「郊外行きソンテオ・・・」
どこでも行ってくれる赤いソンテオ(乗り合いタクシー)ではなく、郊外の決まった路線を走る赤色以外の色(白、黄、緑、水色)これらは郊外に行きます。値段も安く終点まで乗っても20〜30バーツ。この際だから終点まで乗ってみましょう。そこへ行くまでの景色も楽しめますし、地の人の暮らしぶりが見えます。

「レンタカーを借りて郊外巡り・・・」
自分の運転で行く事によって、感激もひとしお。郊外の素晴らしい景色を堪能して下さい。自分で走ったという事で、より密度の濃い旅行になるでしょう。

 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1