皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年11/1日にこの店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

 2007年11月
..
.
.
.
2
4
5
9
10
11
13
15
18
20
21
24
25 26 29 30
サーラーチェンマイ5年目に 11月1日(木)

今日で店をオープンしてから5年目に入りました。店をオープンした頃は「5年もやれば何か方向性みたいなものが見えてくるのではないか」と思っていたのですが、まだまだ試行錯誤しています。店には一度来られた方が何度も来て下さっています。本当に有難うございます。できるだけ長く続けていこうと思っていますので、どうぞこれからもサーラーチェンマイを宜しくお願いします。

雨季明け
11月3日(土)
もうチェンマイは雨季が明けたと思っていたのですが、今日は雨が降っています。多分これが最後の雨になるのでしょう。しかし気温は少しづつ下がり始めていて、寒季が近いのが分かります。今年のチェンマイは平年に比べて雨が少なかったように思います。雨が少ないと洪水が無いので良かったです。寒季(乾季)になると半年ほど雨が降らなくなります。タイは雨が降る降らないが、はっきりしています。
11月6日(火)
タイ人は良い香りがする花が好きです。見た目より良い香りを優先する人も多いようです。自宅の庭に花を植える時、日本人だと綺麗な花を植える人が多いと思います。しかしタイ人は、香りが良いかどうかで決める人が多いのです。我が家もタイ人に習って寝室の前(外に)に良い香りがする花を植えました。夜、風に誘われて良い香りが寝室に入って来ます。プルメリア、ジャスミン、イランイラン等、タイには良い香りがする花の種類が大変多いです。
ラジオ出演
11月7日(水)
今朝、ラジオ出演しました。先月から今までと違うアナウンサー(呼び方これで良いのでしょうか)の方に代わりました。アナウンサーの方、これからどうぞ宜しくお願いします。本日のテーマ「タイに来てから気を付けている事」、タイに来てから、タイ人からひんしゅくを買わないように気を付けている事があります。まず、汁物を食べる時は音を立てずに食べます。タイでは音を立てて食べるのは下品になります。スープを飲む時もレンゲですくって飲みます。丼に直に口を付けません。タイで日本人が食べているのを見るとやたら気になるようになってきました。あとケチにならないです。タイではケチは大変嫌われるのです。私もタイ人によくご馳走になっています。割り勘なんて恥ずかしい事です。その他いろいろ話させて頂きましたが、逆に日本に行った時に失敗する事もあります。タクシーのドアを勝ってに開けて運転手に睨まれた事があります。タイのタクシーは自動ではありません。最近は日本へ行く時、ちょっと緊張してしまいます。
ラジオ放送の件で
11月8日(木)
今日、「ラジオ放送聴いていますよ」とメールが来ました。嬉しかったです。Oさん、有難うございました。ラジオ放送では、一方的に話しているので、本当に聴いてくれているのか、ひょっとしたら話がつまらないのかとちょっと心配だったのですが、こういう反応があると凄く嬉しいです。私自身、あとどれだけ続くのか分かりませんが、担当者の方から、「もういい」と言われるまで頑張りたいと思っています。
為替
11月12日(月)
今日はかなり円高になっています。タイバーツに対しても円が強く、100円→30.31バーツでした。30バーツを超えたのが嬉しいです。まだ円高になりそうなので、もう少し高くなりそうな予感です。もう少しレートが良くなれば、手持ちの円をバーツに替えようかと思っています。今日、私の嫁さんの銀行には、両替に来られた日本人のお客さんが多かったそうです。これからタイは観光シーズンなので、このまま良くなって欲しいものです。
えっ、無料?
11月14日(水)
今日、店の排水溝が詰まったので業者の方に来てもらいました。ちょこちょこっといじっては水を流しを何度かしていると直りました。この業者は「簡単だったのでお金はいらない」と言って帰っていきました。いくら簡単でも、わざわざ来てもらっているのに無料はないでしょう。結局お金は受け取らなかったのです。タイはボル人もいますが、今回のようにお金を取らない人もいます。この方は仕事なのに儲からないでしょうに、ちょと心配です。それにしても良い人過ぎます。タイに住んでいると、理解できない事が多いです。
運転マナー
11月16日(金)

これまで日記に何度も書いていますが、タイ人の運転マナーは良くありません。歩行者が道を横断しようとしていても、なかなか停まってあげないし、また交差点の信号待ちではできるだけ前の方に行きたがるのです。右折する車は反対側車線に出てまでも前の方にに行きます。そのわりには信号が青に変わってもゆっくりスタートです。急いでいるのかいないのかタイ人の行動は理解できません。多分、永遠に理解できなかも知れません。今朝もバイクと車が反対側車線で信号待ちしていました。反対側車線の車は迷惑そうな顔をしていました。

  反対側車線で信号待ちしている車とバイク  
   二台の車の間の黄色い線がセンターラインです。

明日、バンコクへ
11月17日(土)
明日、久し振りにバンコクへ日帰り旅行に行ってきます。始発便でバンコク(ドンムアン)へ行き、帰りは最終便でチェンマイへ帰って来ます。休みが一日しかないので、このような強行スケジュールになってしまいますが楽しんできます。嫁さんの実家にも寄り、知人にも会って、サイアムパラゴンも観て、買い物もして、美味しいものも食べてとやりたい事は沢山あります。時間との戦い、頑張ってきます。
バンコク日帰り旅行
11月19日(月)
昨日バンコクへ行ってきましたが、やはりバンコクは大都会、人が多くて疲れます。久し振りに行くと、刺激があって楽しめますが、住むとちょっと疲れますね。実は私も昔、バンコクにアパートを借りて住んでいた事があります。アパートから一歩外に出ると、人の声や車、バイクの音が迫ってきます。交通手段も多く、食べる所も沢山あって便利ではあるのですが、長く住んでいると段々疲れてきます。私が都会が合っていないだけなのかも知れませんが...。ワールドトレードセンターは工事も終わっていて綺麗になっていました。伊勢丹では博多フェアーをやっていて、美味しそうなものを販売していたので、いろいろ買い込んできました。最近はお金持ちのタイ人が増えてきました。綺麗な人も多く、服装も高そう。値段の高いレストランにもタイ人は沢山入っていました。タイもどんどん変わってきています。バンコク日帰り旅行でしたが、結構楽しめました。
ローイカトーン祭り
11月22日(木)
ロイカトーン祭りが今年も始まります。街は飾りつけも終わって雰囲気がでてきました。電飾もあり、夜も大変綺麗です。この期間は、いろんな行事もあって面白いです。今年は相撲大会もありました。その相撲大会に出場する選手が店へ買い物に来られましたが、体は大変大きかったです。「観に来て下さい」と言われてのですが、店を抜け出せないので行けなかったのが残念です。毎年沢山の観光客が来られますが、今年のロイカトーンは日本の3連休と重なったので、沢山の日本人がチェンマイへ来られています。明日はパレードがあるので楽しみです。
飾りつけ
11月23日(金)
ロイカトーン祭りなので店も飾り付けをしました。バナナの葉と椰子の葉を飾るのがチェンマイ(北タイ?)スタイルです。店もバナナの葉と椰子の葉を飾り付けました。夜には店の周りにキャンドルも灯します。道路も封鎖してこれからパレードが始まります。店が終わったらちょっと観にいこうと思っています。
夜空に浮かぶコムローイ

11月24日(土)

今年のローイカトーン祭りのパレードがありました。やはり綺麗です。それからコムローイ(熱気球)がたくさん揚げられていて美しいです。今日、店が終わってから私もコムローイを揚げに行こうと思っています。店の近辺はどこも通行止めになっていて自宅に帰れそうにないので、ローイカトーン祭りを観にいってゆっくりしてから帰ります。ちょっと帰りが遅くなりますが、いいのです、年一回ですから。
気になった事
11月27日(火)
日本人は「タイ人はいい加減でちゃんとしていない」と言われますが、この前お客さんと話していて、タイ人がおかしいのではなくて日本人が異常なのではないかという事。日本人はやたら細かく、些細な事でも気になり、ちょっとのミスでも指摘していますが、いずれそれは自分に戻ってきます。日本人同士で首を絞めあっているように感じます。日本人に自殺者が多いのは、そのあたりが原因なのではないかと思っています。日本では電車も遅れる事なく、地下鉄なんて驚くくらいの間隔で走っていますが、その裏では神経すり減らせて動かしている方がいるのです。少しでも快適にする為に仕事をする人はどんどん大変になってきます。仕事でミスをすると責任を取らなければなりません。やたら責任を取りたがる日本人、できるだけ責任を取りたくないタイ人です。本当はタイ人と日本人の中間くらいが良いのですが・・・。
寒季
11月28日(水)
今朝はやたらと冷え込みました。家の温度計で14℃、寒いはずです。厚手の布団が無いと眠れません。昼間も暑くなく、風も涼しいです。乾季(寒季)になるとオープンするビヤガーデンですが、今はあまりビールを飲みたくないです。これからしばらくは涼しく、気持ち良い気候が続きますが、その後は暑い季節が待っています。
 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1