皆さんはじめまして、私サーラーチェンマイ(チェンマイハンドメイド雑貨販売とタイマッサージ)を経営している梶田俊文といいます。

2003年111日に、この店をオープンしてからチェンマイで私なりに思った事、感じた事、実際に起きた事などを日記として書いていきたいと思っています。

 

2009年9月
2
4
5
7
9
11
13
14
16
18
20
21
25
26
28
30

 

お節介?
9月1日(火)
タイ人はお節介焼きな人が多いです。以前の事ですが、ちょっとは健康の為にとジョギングは始める事にしました。自宅がある団地を抜けて少し外まで行き、折り返して自宅を目指して走っていました。するとカブ(バイクです)に乗った女性(残念ながら若くないです)から声を掛けられました「どこまで行くの?」 私「直ぐ先の団地内まで」  女性「送ってあげるから乗りなさい」  私「ありがとう?」  せっかくのお申し出、断ると悪いと思い乗せてもらう事に。 私の走りが遅いからなのか、ジョギングしているようには見えなかったのか、タイ人はジョギングしないのか分かりませんが(多分可哀想に見えた) それでバイクの後ろに乗せてくれたのだと思います。親切は有難いですが、ちょっとお節介ですよ。
オープンな・・・
9月3日(木)
私は緑が多くあるレストランやカフェーが好きです。癒されて気分が良くなり空気も美味しく感じます。チェンマイには緑が多いのですが、これは暖かい気候と植木も大変安いからです。これだけオープンレストランやカフェーがチェンマイに多いのはやはり暖かいから。日本だと夏くらいしかオープンにできません。居心地の良いカフェーは一日中居たいくらいです。チェンマイに来られた時はこういうオープンなカフェーやレストランをご利用されてはいかがでしょうか。

           大好きなカフェーです 
花が咲きました
9月6日(日)
自宅裏庭に作ったカフェーに植えた観葉植物の花が咲きました。何とも色鮮やかで面白い形をしています。南国の花はハッキリとした色のものが多いです。匂いも良いものがあります。日本の花だと淡いとか可憐なとかいうイメージです。これは料理にも言えそうで、タイ料理はハッキリとした味、甘い、辛い、酸っぱいでそれぞれ主張しています。日本は混ざり合った味、それぞれを引き立て合っています。これはタイ人、日本人でもいえそうです。ハッキリしているのがタイ人、曖昧な日本人、そんな気がします。
エッグタルト
9月8日(火)
タイ人の知人から教えてもらったのですが、美味しいエッグタルトの店、店の名前は「Ka-nom」です。日本語訳(お菓子)です。バンコクにもあるのでチェーン店のようです。ここのエッグタルトは本当に美味しくて私が今まで食べたなかでは一番、香港のものより美味しかったです。卵の白身入りと黄身入りの二種類があり、どちらも一つ40バーツです。場所はニマンヘミン、ソイ9に入って直ぐ右側で、隣はスターバックスです。どうぞ一度召し上がって下さい。

お勧めレストランのコーナー(レストランではありませんが)に書きましたので見て下さい。
お金に関する事
9月10日(木)
お金に関する考えはタイ人と日本人では違うように思います。タイではお金を持っている人がお金を使うのは当たり前。お金があるのだから使っても何ら問題ありません。日本の首相が高級店で飲食すると「庶民感覚が無い」とメディアまで取り上げられてしまいます。それを見て日本国民は「こんな首相には庶民の事は分からない」と支持率まで下がってしまいます。タイの首相が高級店で食事しても当たり前過ぎてニュースにもなりません。日本ではハイブリッド車に乗っている人は良い人で、大排気量高級外車になんか乗っている人は悪い人というか良い人には見られないでしょう、贅沢は敵みたいな感じですね。お金を持っている人が使わないと世の中お金が回らないと思うのですが・・・
雇って下さい
9月12日(土)
来月、ビザの更新があるのでちょっとイミグレに行って来ました。どの書類がいるのか去年と何か変わったと事があるのか聞いてみました。タイは前ぶれもなくよく変わりますので去年と同じようにはいかない事が多々あります。やはり今年も変わっていた事がありました。長期滞在する人向けにもっと簡単に出来ないのかと思います。ICチップ入りのIDカードみたいなのを作ってデータを入力しておけば簡単になると思うのです。そうしたらイミグレの仕事も減るだろうし良いと思うのですが。現在はやたらコピーが要ります(タイで働いている人です)あと写真も。これだけのコピーした書類を保管する場所を確保するのも大変でしょう。数年は保管するでしょうからかなりの数になるはず。私をイミグレで雇ってもらえればスムーズにいくよう頑張りますがどうでしょう。
外国では日本で出来ない事を
9月15日(火)

海外旅行はお金持ちでも無い限りそうそう行けるものではありません。なのでせっかく海外に行った時には日本では出来ない事や、日本には無い事を体験するのが良いと思います。

チェンマイに旅行に来られるのでしたら。

 

 

○象に乗る→ 日本では乗れない

○コムローイ(熱気球)を飛ばす→ こんなの危な過ぎる(火事になる)ので絶対日本ではできない。

○パンダを観る→ すぐ近くで見る事が出来る。ガラスで囲っていない。

○タイ舞踏を観る→ 日本でもあるのかな?

○首長族を観る→ 日本にはいない。

○タイ料理を食べる→ 日本にもあるけれど・・・

○オープンレストランで食べる→ 日本にはあまり(ほとんど)無い。

○チェンマイ料理を食べる(カオソーイ・ゲーンハンレー等)→ 日本でもあまり食べられない。

○トロピカルフルーツを食べる→ 日本にもあるけれど少ないし、無い種類もある。

○チェンマイの人と仲良くなる→ その国の人と知り合うのが旅の醍醐味です。

追加=○トラと一緒に写真を撮る→日本だと絶対、許可できない。

新製品3品のご紹介
9月17日(金)

{ トムヤム 石鹸 }

タイの伝統的なスープ『トムヤム・クン』のスープには脂肪分解・
消臭効果の成分が多く使われています。このトムヤム成分をたっぷり 配合した石けんです

体の脂肪分をやわらかくして燃焼させスッキリボディにします。
またハーブ成分で強力デオドラント、アロマでリラックス効果も。

効能

1、ボディの引き締め効果
2、デオドラント・消臭効果
3、リラクゼーション(アロマ)効果
4、ホワイトニング、美肌効果 

原材料:レモングラス葉、こぶみかん、ライム、ナンキョウ、
●重量:100g  ●価格:50バーツ


{ ハチミツ石鹸 }


上質のタイ製ハチミツを使用した石鹸です。

効能 

お肌に潤い、ツヤ、ハリ、弾力を与えます。


●重量:65g ●価格:50バーツ

 
{ ローヤルゼリーローション 

効能

肌あれ、あれ性、油性肌、日やけ、皮膚にうるおいを与えプルプル肌に。全身の気になる部位にお使いください。


●200ml 入り ●価格:180バーツ


無事持ち主の手に
9月19(土)

昨日、マッサージを受けられたお客様がネックレスをマッサージルームに忘れて出て行かれました。気が付いて慌てて後を追ったのですが、見当たらず諦めました。気が付いて取りに来てくれるかと思っていたらそのご本人から電話が掛かってきました。何とこれからバンコクへ向かう為、現在チェンマイの駅にいるのだそうです。サーラーチェンマイもあと30分後に団体様のマッサージ予約が入っている。忘れ物されたお客さんはバンコクに着いてからホテルに届けてもらうか、日本に送ってもらうかどちらでも良いと言われています。しかし上手く届かなかったり手違いが起こったりして受け取れなくても困るし、送料はお客さんが送ると言っていますが、送金料はかなり高いです。取り合えず30分間の時間あるのでスタッフにバイクで飛ばして持って行ってもらう事にしました。ちょうど30分後、スタッフは店に戻ってきて、聞くところによると無事お返しして来たという事です。良かった、何とか間に合いました。

ユニフォーム新調
9月22日(火)
日本のシルバーウィークに入って、日本人のお客さんが沢山来られて忙しい(有難いです)です。チェンマイにロングステイされている方をご訪問に来られる人も多いです。せっかく来て頂いたのにマッサージ出来なかった方は本当に申し訳ありませんでした。

今回、私用にユニフォームを作りました。マッサージ師のユニフォームと同じ生地を使ってサーラーチェンマイのロゴを入れています。ユニフォームを揃えると従業員との一体感みたいなものが出来ます。タイ人の店に行くと、どの人が店員なのかお客さんなのか分からない時があります。誰に言えばよいのか困ります。そうならない為にも当店では自分自身にも名札を付けています。今回ユニフォームを作ったので更に分かりやすくなったと思います。
日・タイ 十番勝負
9月23日(水)

日本とタイ、比較十番勝負。 日本−タイを比べてどちらが良いか私なりに決めました。意義、意見は認めます。

1番、レストラン
これは圧倒的にタイの勝ち。 タイのレストランは緑も多く水もあったり、生演奏もあったりします。またオープンエアーだったりします。こんな雰囲気の良いレストランは日本では見た事無いです。

2番、食べ物
タイが勝ちです。タイは安く美味しいくて種類も多いです。食べて幸せを感じたのはタイ料理だけです。

3番、娯楽
日本の勝ち。タイは娯楽が少ないです。日本は何でも揃っていますね。タイの若者は何して遊んでいるのでしょう? でも自然があるし、自分で工夫して遊べます。

3番、人
タイが勝ちかな。タイ人はあまり気を遣わなくて良い。フレンドリーで取っ付きやすい。

4番、電化製品
絶対日本が勝ち。日本製品は優秀です。まず壊れない、値段も安い、種類も多い。タイはその逆です。

5番、住み心地
タイが勝ちでしょう。緑が多いし、物価は安いし、食べ物は美味しいし、環境も良い、でタイは言う事無し。

6番、インターネット

日本が圧勝。タイはインターネットが遅い、値段が高い、安定していない。ちょと日本が羨ましい。

7番、道路
タイの勝ち。タイの道路は整備状況も良く、走りやすい。郊外の道路は高速道路並に飛ばせます。一番良いのはスピード違反の心配が少なくて良い。しかし安全運転で行きましょう。

8番、家
タイの勝ちでしょう。何と言ってもタイの家は安い、私でも家を買えました。そら日本の家の方が耐震や安全性は上でしょうが、何と言っても値段が高い、高過ぎです。

9番、気候
タイの勝ちにします。タイは暖かい、寒いのが嫌いなので暖かいのは有難いです。

10番、災害
タイの勝ち。タイは災害が少ないです。地震も少ないし、台風も(南部以外)も少ない。一番多い災害は洪水です。

日本の勝ちB−タイの勝ちF でタイの勝利です。

注:比べるものによって、変わってきます。

朝食風景
9月24日(木)
今日の朝食風景です。自宅裏庭に作ったカフェーですが、雨が降らない限りここで朝食を食べています。今朝のメニューはフレンチトーストでした。やはり外で食べると美味しいですし、気分も良くなり良い一日を送れるような気がします。
充実しています
9月27日(日)
こういう商売をしているとお客さんと話す事が多いです。嫌な話しを聞かなければならない事もありますが、知らなかった事や為になる事、新しい情報など知る事ができて身になりますし、楽しくもあります。また普通に生活していれば知り合う事はなかったであろう職業の人などと知り合う事もあるので広がりが出ます。自分にとって今の生活が緊張感もあり毎日が新鮮です。旅の拠点に居る事で情報のやりとりがあり退屈しないのでしょう。この仕事をやっていて良かったと思っています。日本で普通に仕事をしていると外国人と話す事など少ないはずです。できれば今の仕事をこのまま長く続けていければと思っています。
日本にタイが足りない
9月29日(火)
日本は住みやすくする為に法律を作ったり、取り決めを作ったりします。皆がキチンと守れば住みやすくなるはずですが、どんどん縛り付けて息苦しくなっているように思います。タイの場合は日本とは逆で取り決めをしても緩く、守らない人も多いです。性格的なものがあると思うのですが、キッチリしたがる日本人、ちょっといい加減なタイ人。見通しの良い交差点の赤信号を青に変わるまでジーっと待っているのも何か無駄なように思えてきます。そんな時はタイ人のように渡ってしまおうかと思う時もあります。無駄にならないいい加減さも必要なのかも知れません。タイが居心地が良いのはそういうところがあるからなのでしょう。日本に足らないのはタイなのです。
 
Top
 
2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.
1