私が好きなタイのお菓子
タイのお菓子は大変甘いものが多いです。初めて食べたタイのお菓子がとても甘いものであったら、もう食べたくないと思う方も多いと思います。そこでお勧めというか私が好きな、ほんのり甘い、日本のお菓子に近いタイのお菓子を紹介します。
 
カノム・ピヤックプーン

(タイのういろ)色は黒と緑、味は日本のういろのモチモチ感を少なくした感じ。ほんのり甘くて美味しいです。値段は一人前10バーツくらい、写真の物は7バーツで買いました。
マントー(ト)

(タイの大学芋)大学芋のあめをなくしたもの。甘いあめがないので芋本来の甘みが出ています。一人前10バーツくらいで、切り方にもよりますが、ちょっと大きめで5切れ入っています。
カオニャオピン

(タイの焼きちまき)もち米にあんが入っているものをバナナの葉を巻いて焼いたもの。一つ2バーツと安いうえにお腹もふくれる。餡はタロイモ、サツマイモ、バナナがあります。
カノム・ファクトーン

(タイのカボチャういろ)ういろにカボチャが入った感じでほんのり甘くてモチモチ感が良い。カボチャを使っているので栄養もありそうだ。6個入って10バーツでした。
マンピン

( タイの芋団子焼き?)さつま芋の蒸したものを煉って団子状にしたものを鉄板の上で焼いた物。あっさりしていて美味しい。1個1バーツ

マンティップ

(タイのスィートポテト)マンピンに似ていますが、こちらは炭火に網で焼いた物
さつま芋 とタロ芋があります。
最近 チェンマイでは売っている所が少なくなっています。見つけたら買って食べてみて下さい。病み付きになる美味しさです。1個2バーツ〜

ファクトーン・サンカヤー

(タイのカボチャプリン)カボチャ丸ごとの芯をくり抜き、プリンを入れて蒸し揚げた物。
美味しくない所で買うと、プリンの部分が甘すぎて食感も悪く嫌になりますが、美味しいものは舌触りが良く、ほんのり甘くていくらでも食べられそうです。切り売りしていて一切れ10バーツくらい。

イトゥイ(チェンマイ語?)

直径4cmくらい のボール状で油で揚げています。 中は 大豆の餡が入っています。あっさりとした甘味で美味しいです。5個入っていて10バーツ
 

Sala Chiangmai Co.,Ltd
1/3-4Thapae Soi1 T.Chiangklan  A.Muang Chiangmai 50100 Thailand
Tel:053-81-8590

2003 Copyright@ Salachiangmai Co.,Ltd.